ブログ

ブログの文字数は3000文字程度がおすすめ!最適な文字数について調査してみた

ブログを書いているけれど、文字数はどのくらいあれば上位表示できるのかな?

ブログの文字数が多すぎるとユーザーが離脱してしまわないかな?

このようなお悩みを持たれている方におすすめの記事です。

「ブログ記事の文字数はどの程度がいいのか?」

ブログを書き始めた多くの人が悩むポイントかと思います。

今回はブログの文字数はどの程度がいいのかということと、ブログの文字数を増やす際のポイントについて解説します。

それでは、見ていきましょう!

結論:ブログの文字数は3000文字程度がおすすめ!

早速、結論からになりますが、ブログの文字数としておすすめなのは3000文字程度です。

詳しくはこの後、解説をしていきますが、ブログの文字数と検索順位には明らかに相関関係があります。

その際に上位表示しているページの傾向が大体3000文字程度になっています。

過去、私が対策をしてきた多くのページも3000文字を一つの目安としてきましたが、やはり1000文字程度の場合と比較すると上位表示はしやすい傾向にありました。

Googleは関係ないと明言している

実はGoogleは文字数は関係ないということを明言しています。

以下は2016年の「Google Webmaster Central office-hours hangout」での、ジョン・ミューラー氏の発言です。

(以下、本サイトによる翻訳)
私たちは、あなたのページを評価する際に100語以下だから悪い、100語〜500語や500語以上であれば問題ないというアルゴリズムを持ってはいません。
私たちは、そのように見ているのではなく、ページ全体を判断して、説得力があり、ユーザーにとって関連性の高い検索結果になっているかを確認しています。
もしそういった説得力があり、ユーザーにとって関連性の高いページであれば、長いか、短いか、画像が多くあるかなどはあなた次第です。

引用元:

Googleとしては、文字数が多いことや少ないことに対して直接、ランキングを決定するアルゴリズムは持っていないということになります。

しかし、文字数と検索順位には相関関係がある

このようにGoogleは文字数に対してのアルゴリズムは持っていないのですが、上位表示ページのデータを調査すると文字数が多いページの方が上位表示しやすいということがわかります。


引用元:https://seocopywriting.com/whats-the-best-word-count-for-seo-copywriting/

ahrefsによる2019年の調査では、このような結果になっています。

ここでのWordsは英語での単語数を指しますので、それを日本語にすると約2000-3000文字程度が上位表示をしている傾向にあるということがわかります。

ここで疑問なのは、Googleは文字数は関係ないと言っていたのに、文字数と順位の関係を見ると明らかに相関関係があるということです。

ただ、Googleは嘘をついているわけではないと考えています。

直接のアルゴリズムにはないが、間接的に関係している

私の見解では、Googleは確かに文字数が多いか少ないというだけで、ランキングを決定するアルゴリズムは入れていないはずです。

なぜなら、そんなアルゴリズムが入ってしまっていたら、ただ文字数を多くするだけのスパムサイトが上位表示しやすいということになってしまうからです。

では、なぜ文字数が多いページが上位表示している傾向にあるのでしょうか?

これはあくまでも「ユーザーのニーズに応えることができているコンテンツ」という視点で考えたときに、結果として文字数が多くなる傾向があるからです。

何か悩みを持って、ブログに訪れているユーザーに対して、その悩みを解決できるように丁寧に解説をしたら自然と文字数は多くなります。

ですので、ブログの文字数と検索順位の関係性は、直接はないものの間接的にあるというのが結論になります。

ブログの文字数が多すぎるのと少ないのはどちらが良いか?

この話を伝えると多くの人が「でも、いくら文字数が多いのが良いと言って、長すぎる文章では離脱してしまうのでは?」という疑問を持ちます。

これは半分正解で、半分間違っています。

というのも、過去私が携わってきた多くのサイトでも1万文字を超えるようなページであっても、内容がしっかりとしていれば、ユーザーは最後まで読んでいるというデータが取れたからです。

しかし、実際には人間の集中力は、そこまで長い時間持たないということも事実ですので、ただ長いだけの記事はユーザーに読んでもらえません。

したがって、しっかりとユーザーニーズをおさえたコンテンツであれば、文字数が長くなってしまっても問題ないということです。

ブログの文字数を増やす際のポイント

ここまでの話を受けて、「ブログでの文字数を増やそう!」と思われた方向けに、ブログの文字数を増やす際のポイントについて解説したいと思います。

ポイント1:ユーザーの検索意図を見直す

ブログの文字数を増やす1つ目のポイントは、ユーザーの検索意図の見直しです。

ブログを書いた当初と今では、ユーザーが同じキーワードであったとしても知りたい内容が異なっているということがあります。

それを分析するためにユーザーの検索意図の見直しを行います。

具体的には、対策キーワードで実際に検索をかけて、上位の10サイトをしっかりと読み込むことがベストです。

検索結果というのは、今Googleが判断している、最もユーザーニーズに応えることができている記事の集まりですので、その情報を分析することがユーザーの検索意図を知る上では最も近道になります。

ポイント2:Googleサジェストキーワードで扱えていないトピックを取り入れる

ブログの文字数を増やす際の2つ目のポイントはGoogleのサジェストキーワードを参考にするということです。

ポイントの1つ目で解説をしたユーザーの検索意図に近いのですが、サジェストキーワードを確認することで、今ユーザーがどういったトピックを知りたいのかを把握することができます。

サジェストキーワードで出てくるトピックの中で、まだブログの記事内で取り扱えていないものがある場合には、そのトピックを足してあげることで文字数を増やしましょう。

ポイント3:冗長な文章になってしまわないように気をつける

最後のポイントは、冗長な文章になってしまわないようにするということです。

いくら文字数が多い方が上位表示しやすいと言っても、ただ無駄に長くするのは何の意味もありません。

ブログの文字数を増やした後には、必ず文章の見直しをしましょう。

おすすめの方法は、ブログの記事を頭から声に出して読んでみることです。

そうすると、ユーザーにとってわかりにくいと感じるであろうポイントや、説明が冗長になってしまっている部分などを客観的に知ることができます。

大事なのはユーザーニーズに応えること

検索順位との相関関係を見るとわかるように、ブログの文字数は確かに大切な項目です。

ただ、何よりも大事なことはユーザーニーズに応えることです。

あくまでもその結果として、文字数が多くなっているだけということです。

常にユーザーにとって、役に立つ記事を意識しながらブログを更新していきましょう。

-ブログ

© 2022 Ash Blog